トップページ     サービス項目     第二講義室
第二講義室

中国茶葉博物館の第二授業

( 団体活動は事前予約が必要です )
  • 1.茶文化体験の旅

    茶博展示場を見学し、講義を聞き、賞を受け、茶芸の公演を鑑賞し、手で茶を淹れ、茶を敬茶し、茶を味わう。
  • 2.茶摘み・煎茶体験(茶季)

    茶園を見学し、茶葉を同定し、手で茶を採集し、煎茶の実演(あるいは機械製茶の実演)を見る。
  • 3.「識茶、認茶、愛茶」漫画展や茶百科知識巡回展

    展示はそれぞれ「茶の物語、茶の科学」および「茶と文化、茶と健康」をテーマにしており、運動場、講堂、教室などでの展示に適している。茶文化のコンサルティング、茶芸のパフォーマンス、宣伝物の配布、茶文化の交流などの活働に協力します。
  • 4.子供の茶芸の親子活働(15人以上で始める)

    手を動かしてお茶を淹れたり、お茶をすすめたり、お茶を味わったりして、自由に活動する。子供は保護者と一緒に参加して、茶文化の展示を見学して、説明を聞いて、茶芸の公演を鑑賞します。
  • 5.茶文化科学普及講座

    当館の専門の人員で茶文化講演団を構成して、学校に行って茶文化科学普及講座を行って、茶文化を普及します。
  • 6.茶芸隊の創立、育成

    学校を助けて「XX学校の小さい茶芸の士隊を創立します」
    (1)前期小小茶芸師の募集及び器具・服飾・音楽の配備
    (2)小さい茶芸の理論、操作の育成訓練、緑茶の基本的な技術を習得する
    (3)「XX学校小小茶芸士隊」のファイルを作成し、創立後の日常関連業務の指導と向上、そして定期的な答礼訪問
    (4)関連茶事活働をプラットフォームにして、「XX学校小小茶芸士隊」の茶文化活働への参加度と認知度を高める
  • 7。「カラーカラット」体験

    緑茶、紅茶、白茶、青茶、黒茶の5種類の茶を識別します
    闘茶:三種類の茶湯(五色茶のうち三品)を吟味し、生徒に根拠を与えるお茶のスープの色、味、香り、お茶の名前。答には賞がある。
    「カラー嘉葉」の科学普及の宣伝パンフレットのページを配布する
  • 8.百変茶飲調製

    茶を原料とし、旬の果物を配合し、おいしい栄養の果物茶を作る。「クールペパーミントレモンティー」、「あたたかい香りのミルクティー」など。
  • 9.茶画拓本を作る。

    茶の絵で、拓本をテンプレートとして、木像)と有色絵具を使って、テンプレートにできる茶の絵模様がはっきりとコピーを出て、拓印の過程を简単に富裕面白さ。
  • 10.趣味ティーバッグを作る

    古茶・ほうじ茶を原料にした茶葉の香りパックを作り、茶の循環持続的な利用を提唱している。
  • 11.茶文化キャンプ

    A、小さい茶芸師(夏休みの期間に出して、生産費を加えてもらう)
    学生の受付、入学式、茶文化の基礎知識の授業、有名な緑茶の淹れ方、烏龍茶の淹れ方、総合練習、茶芸操作の審査、中国茶葉博物館の「小さい茶芸師」証明書の授与。
    活動期間:3日間。
    B、小さい解説者(夏休みの期間に出して、生産費を加えてもらう
    学生の登録、入学式、茶文化の基礎知識の授業、講義の基本的な技巧と要領、熟知の講義原稿、定面の学習の講義、練習の講義、学生の相互講義、専門のキャスターの指導、講義の審査、中国茶葉博物館の「小さいキャスター」証明書を授与する。
    活動期間:3日間。
  • 12.中国茶葉博物館茶芸師

    無料で中小学校の第二課の教師のために茶芸の養成訓練班を開設し、訓練が終わった後に中国茶葉博物館茶芸師の証明書を授与する。
お電話を歓迎し、中国茶葉博物館の第二授業に参加するように問い合わせた。
連絡先:梁静
電話:87964232